電気料金削減

固定買い取り価格制度の導入

省エネ賦課金のアップ

再生可能エネルギー発電促進賦課金」とは「再生可能エネルギーの固定価格買取制度」によって電力会社等が買い取りに要した費用を、電気の使用量に応じて、電気料金の一部として電気を使用している個人・事業者全員で負担するものです。

オール電化の住宅が増え、加えて電気代の高騰が続く中、太陽光発電をはじめとする再生可能エネルギー設備の導入やLED照明などの節電機器の普及が高まってきています。
庄内電気設備株式会社では一般住宅だけでなく企業の節電対策についても、ご相談やご提案を承っております。

こちらをクリック

一般住宅

一般住宅編【①太陽光発電+蓄電池】

太陽光発電システムの発電電力を蓄電池に充電し、夕方頃から蓄電池の充電電力を家庭内に供給します。
節エネモードは、電力会社からの電気の購入量を最小限に抑えることが出来ます。
FIT期間終了後など、発電電力の買取価格より電力会社からの購入電力の価格が高額な場合は、最も経済メリットが大きくなります。

一般住宅編【②料金プランの見直し】

太陽光発電システムの設置と合わせて、電力会社の料金プランの見直しも推奨しています。
例えば日中に自宅へいることは多い方は深夜料金の安いプランにすると、昼間は太陽光で発電された電気を使うことで大幅に電気代を削減できます。

法人企業

法人企業編【①太陽光発電】

これまではFITによる売電がメインだった市場ですが、これからは企業でも太陽光パネルを自社に設置する『自家消費型太陽光』の普及が見込まれます。
電気代の削減だけでなく、環境価値への取組みとして企業のブランディングにも効果があり、実際に海外の大企業が実施しています。

再生可能エネルギーを取り巻く環境

法人企業編【②エネルギー経費適正化コンサルティング】

電気設備だけでなく、ガスやボイラーまで社内のトータル設備の運転状況の「見える化」を行うことで、これまで一般的であった”部分最適導入や改善”ではない、設備の「全体最適化」を目指します。
国の助成を活用した診断方法できめ細かく調査を実施し、省エネを実現できる機器の導入ができるだけでなく、コストダウンが図れる助成金申請までお受けしています。

その他にも・・・

LED照明や省エネ設計のエアコンの導入をはじめ、幅広くご相談を承っております。
太陽光発電などの再生可能エネルギーだけでなく、普段の生活ですぐ取り入れることができる節電方法についてもお伝えしていますので、お気軽にお問い合わせください!

【電気代を削減できる設備について】

①LED照明・・・他の電球と比べて消費電力が少ないため、電気代を安くすることができます。
例)白熱電球の寿命は1,000~2,000時間程度
電球型蛍光灯の寿命は13,000時間程度
LED電球の寿命は40,000時間程度
②太陽光発電・・・

お見積り・お問い合わせ

お見積り・お問い合わせ

メールでのお問い合わせはこちら

LINEでのお問い合わせはこちら